マルサの女のあらすじと感想

マルサの女のあらすじと感想:大橋弘祐

『マルサの女』は、1987年に公開された日本の犯罪映画です。監督は降旗康男、主演は宮崎萬純と仲代達矢。本作は、実在の税務調査官(マルサ)を題材にした物語で、緻密な捜査と駆け引きを描いています。

映画は、東京国税局の税務調査官・松田(宮崎萬純)が、大手企業「美杉商事」の税金脱税疑惑を追う様子を描いています。松田は、同僚の協力を得て、美杉商事の会長・美杉(仲代達矢)と彼の秘書・野口(原田美枝子)に接触し、脱税の証拠を探そうとします。しかし、美杉は賄賂や人脈を使って税務調査をかわそうと企んでおり、松田たちには困難な戦いが待ち受けていました。

そんな中、松田は野口と次第に心を通わせ、彼女の過去や美杉商事の内情を知ることに。松田は、野口の協力を得て美杉商事の不正を暴こうと奮闘します。一方、美杉は汚職を隠蔽しようと、さらなる策略を弄し始めます。

税務調査官と脱税犯との知恵と勇気の戦いを描いた『マルサの女』は、登場人物たちの駆け引きや人間の本質を巧みに描いた作品です。本作は、観客に正義と悪の間で揺れ動く人間の心理を考えさせるとともに、巨悪と戦う税務調査官たちの勇姿を描いています。

マルサの女を観た感想

『マルサの女』を観た感想として、まず思い浮かぶのは、犯罪映画でありながら、複雑な人間関係や心理描写によって魅了される作品だということです。宮崎萬純さん演じる税務調査官・松田と仲代達矢さん演じる美杉商事の会長・美杉との緊張感あふれる駆け引きや、原田美枝子さん演じる野口との微妙な距離感が見事に描かれており、観る者を引き込んでいきます。

また、映画の舞台となる税務調査の世界は、普段あまり目にすることがないため、そのリアリティや緻密さに感心しました。税務調査官がいかに巧みな手段で脱税を暴くか、逆に企業がどのような手口で調査をかわすかといった描写が興味深く、映画を通じて知ることができる貴重な情報だと感じました。

さらに、登場人物たちの心理描写が巧みで、正義と悪の間で揺れ動く彼らの葛藤や、人間関係の複雑さがリアルに感じられました。特に松田と野口の関係性は、互いに利害関係がありながらも心を通わせる様子が美しく描かれており、印象に残りました。

総じて、『マルサの女』は犯罪映画の枠を超えた人間ドラマとして、深みのある作品であり、単なるアクション映画やサスペンス映画では得られない感動を味わえる一本だと思います。

マルサの女を観たみんなの感想

とにかくこの『マルサの女』は、山崎努の怪演によるものが大きいですね。

予定調和されていない演技が、権藤の掴みどころのない人物を見事に表現している。

権藤が女性の前でくねくね踊るシーンがまさにそう。

単なる金の亡者とせず、多面性を描いています。

『マルサの女』が面白いのは、権藤をただの悪人としていないところ。

彼も普通の父親と同じく、子どもに対して愛情を持っている。

このあたり、役者が下手だとステレオタイプになってしまい設定が台無しになってしまうけど、山崎努の演技力があるからこそ、緊迫感があって、自然に見える

伊丹監督の傑作『マルサの女』ネタバレ感想

金と欲望と強い女

監督は伊丹十三、主演はその妻宮本信子。芯の強い女性を演じさせて宮本信子さんの右に出るものはいないだろう。不撓不屈の闘士である女性国税局査察官(マルサ)を彼女が好演する。悪役の息子が鉄道自殺しようとする(ように見える)のを止めようとして、観客側に全力疾走するシーンは観ている者の心を奮い立たせるところがある。

悪役の山崎努も深い味わいのある演技で印象深い。金銭欲に憑かれた悪徳企業家だが息子のことに関しては人間的な執着を見せる。伊丹監督の作品は世俗的なものが多く、この作品も「金と欲望」がキーワードだが、不思議と俗悪な感じは一切受けない。ちょっと癖があるが滋味豊かな人間ドラマだ。私はやや高踏的な人間だが伊丹監督作品は楽しんで観ることができている。

Morbid

さてさて、『マルサの女』を観た感想をちょっとだけシェアさせてもらうね。この映画、犯罪映画っていうだけあってスリリングな展開があるんだけど、それと同時に人間の心の葛藤や複雑な人間関係が描かれていて、ただのアクション映画じゃないんだよね。

宮崎萬純さん演じる松田と仲代達矢さん演じる美杉の駆け引きは見ていてドキドキするし、原田美枝子さん演じる野口と松田の微妙な距離感もなんだかワクワクする感じがするんだ。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です