Back to the Future (バック・トゥ・ザ・フューチャー)のあらすじと感想

Back to the Future (バック・トゥ・ザ・フューチャー)のあらすじと感想:井上新八

1985年の小さな町ヒルバレーを舞台に、高校生のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、彼の親友である変わり者の科学者ドクター・エメット・ブラウン(クリストファー・ロイド)と共に時間旅行の冒険に飛び込みます。

ブラウン博士は、デロリアンという車を改造して時間移動機を作り上げます。このマシンは、プルトニウムを燃料とし、88マイル/時の速度に達すると時間移動ができるというもの。マーティは偶然、この車に乗って1955年のヒルバレーへとタイムスリップしてしまいます。

1955年に到着したマーティは、彼の未来の両親、ジョージとロレイン、そして彼の未来の敵であるビフと出会います。しかし、彼は過去の出来事を変えてしまい、彼の両親が出会うことがなくなってしまいます。これにより、彼自身の存在が危機にさらされることになります。

マーティは、若かりし日のブラウン博士の助けを借りて、両親を再びくっつけ、1985年に戻るためのプルトニウムを手に入れなければなりません。彼は過去の出来事を修正し、両親の出会いを再び実現させ、彼自身の未来を救います。

結局、マーティはブラウン博士と共に1985年に戻りますが、彼が過去で行った行動によって、彼の現在の生活が多少変わってしまっていることに気付きます。しかし、基本的には幸せな結果となっています。映画は、ブラウン博士が新しい時間移動機を持って再び登場し、新たな冒険を予告する場面で終わります。

Back to the Future (バック・トゥ・ザ・フューチャー)の感想

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、時間旅行をテーマにした映画の中でも、特に魅力的で楽しめる作品でした。ロバート・ゼメキス監督の巧妙なストーリーテリングと、マイケル・J・フォックスやクリストファー・ロイドといったキャストの魅力的な演技は、映画の見どころの一つです。

映画の中で展開される1985年と1955年という二つの時代背景は、文化や技術の違いを通じて、観る者に時代の移り変わりを感じさせることに成功しています。また、家族の関係や友情、愛情といった普遍的なテーマが織り込まれており、単なるエンターテインメント映画に留まらない深さを持っています。

デロリアンという特異なデザインの車を時間移動機として使用するアイディアは、オリジナリティに富んでおり、映画を象徴する存在として多くのファンに愛されています。また、映画の中で展開されるコメディやアクション、そしてドラマが絶妙にバランスよく組み合わされており、観る者を飽きさせることなく物語の最後まで引き込んでいます。

音楽も映画の大きな魅力の一つであり、特にアラン・シルヴェストリの作曲したテーマ曲は、エネルギッシュで冒険心をくすぐるものとなっています。

全体として、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、ジャンルを超えて多くの人々に楽しまれる名作であり、私にとても良い印象を与えました。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です