『ウォー・オブ・ザ・ローズ』のあらすじと感想:五百田 浩

『ウォー・オブ・ザ・ローズ』は1989年に公開されたブラックコメディ映画で、ダニー・デヴィートが監督を務め、マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー、ダニー・デヴィートが主演します。

映画は、成功した夫オリバー・ローズ(マイケル・ダグラス)とその妻バーバラ(キャスリーン・ターナー)の関係の変遷を描いています。二人は出会い、恋に落ち、結婚し、裕福な生活を築き上げます。しかし、時間が経つにつれて、彼らの関係は次第に破綻し、離婚を決意します。

問題は、どちらも彼らの豪華な家を手放したくないと感じていることです。これが引き金となり、二人の間に熾烈な「戦争」が勃発します。その「戦争」は、家具の破壊からペットへの仕打ち、さらには身体的な暴力にまで及ぶようになります。

彼らの離婚弁護士であるギャヴィン・ダホール(ダニー・デヴィート)は、この物語を語るナレーターとしての役割も果たし、彼自身も彼らの闘争に巻き込まれることとなります。

映画は、愛情がどのように憎悪に変わるか、そして物や地位への執着がどれほど強烈に人々の行動を変えるかをユーモラスかつ皮肉たっぷりに描いています。

『ウォー・オブ・ザ・ローズ』の感想

  1. ブラックコメディの傑作: この映画は、離婚という深刻なテーマを皮肉たっぷりのユーモアで描き出しており、観客を驚かせる一方で笑わせるシーンが数多く含まれています。
  2. リアルなキャラクター: マイケル・ダグラスとキャスリーン・ターナーの演技は絶賛され、彼らのキャラクターは、愛情が憎悪に変わる過程を非常にリアルに描写しています。
  3. 物の執着: 映画は、物や地位への強い執着がどれほど人間関係を破壊するかを示しています。このテーマは、現代の消費社会においても非常に関連性があると感じられます。
  4. ダークな結末: 映画の結末は、多くのブラックコメディとは一線を画すもので、観客を驚かせると同時に考えさせられるものでした。
  5. ダニー・デヴィートの演出: ダニー・デヴィートの独特な演出スタイルが、映画全体にコミカルでありながらもダークな雰囲気を持たせています。

投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です